あなたも江戸時代までさかのぼる家系図を作成しませんか

行政書士寺村事務所の作成する家系図は、江戸時代までさかのぼる詳細な家系図を作成いたします
 0749-21-3317
お問い合わせ

家系図を作って先祖に感謝しましょう

 

ご先祖様に感謝するためには、まずご先祖様を知ることが大切です。ご先祖様を知ることで、「あー、ご先祖様にはこういう歴史があったんだな」と感じることが大事で、それがご先祖様への感謝へとつながります。 

 

いかがですか。ご先祖様への感謝の気持ちをこめて、家系図を作ってみませんか?ご結婚の思い出に、ご両親への還暦のお祝いになど、いろいろきっかけもあるでしょうが、ただ単に、ご先祖様への感謝の気持ちを込めて家系図を作ってみるのもいいのではないでしょうか。

 

今の自分が存在するのは誰のおかげ

 

わたしたちは、ご先祖様のおかげで、今、こうやって生きています。ご両親や祖父母たちには、少なからずありがとうの気持ちをお持ちになっているのではないでしょうか。 

 

すでに、祖父母が亡くなられた方も、頭の中で、おじいちゃんや、おばあちゃんには、昔、とてもよく遊んでくれて、やさしかった、という記憶が残っている人も多いでしょう。

 

しかし、自分のことをもう一度よく考えてください。今、自分がこの世に生きているのは、ご両親や祖父母だけのおかげですか?違いますよね。ご両親や祖父母にも、またご両親や祖父母、また、そのご両親や祖父母と、人類がうまれてから、ずうーと、これが受け継がれているのです。

 

兄弟姉妹は別として、直系尊属(血のつながった、両親、祖父母など)のひとりでも存在しなかったら、今のあなたは存在しないのです。あるいは、直系尊属のひとりでも、違う人だったら、今のあなたの、顔や性格が変わっていたと言ってもいいでしょう。

 

脈々と受け継がれ、今の自分がいる

 

わたしたちが今、ここに存在するのは、 はるか昔から、このように、脈々と受け継がれてきたからこそなのです。そして、おそらく、その歴史は、今後も受け継がれていくことになるのでしょう。

 

わたしたちが考えなければならないのは、今ある自分自身の存在に感謝することです。そしてそれは先祖を知り、先祖をうやまい、先祖に感謝することなのです。

 

家系図の仕上がりはこんな感じです

  kakeizu-bubun2.jpg

詳細はこちらをクリックしてください 

 

通常は、家系図に名前を載せるだけです。しかし、行政書士寺村事務所の家系図は、判明している範囲ではございますが、個人の生年月日、没年月日も、標準でご記載させていただいております。

 

1系統の家系図で、平均、50人ほどの人物が登場します

 

1系統でどれくらいの人物が登場するのか、という質問をいただくことがございます。

 

これは、人によってさまざまです。まず、戸籍の保存状況によっても違いますし、ご先祖様のご兄弟の数によっても、大きく変わってきます。

 

これまでの当事務所の実績では、1系統で100人以上が登場する場合がある一方、戸籍の廃棄、焼失、ご先祖様のご兄弟の数の少なさによって、30人程度しか登場しない場合もございます。

 

これは、事前にわかるものではなく、実際に戸籍をとってみないとわからないため、必ず、何人の登場をお約束いたします、ということは言えないのですが、当事務所の実績の平均は、1系統で、50人程度が登場するのが一般的だと思われます。

 

成果品の仕上がりはこんな感じです

 

標準プラン 

料金(税抜き)

1系統 29,800円

2系統 53,000円

3系統 76,200円

4系統 99,400円

seikahin-old.jpg

 

標準プランの成果品の一覧

 

1、家系図 (A3サイズの和紙で折り目はありません。基本は横ですが、場合により縦にする場合もあります)

 

2、戸籍謄本原本 (A4サイズのファイルに取り寄せた戸籍謄本の原本が入っています)

 

3、西暦和暦対照表 (A4サイズで、西暦と和暦が一覧になっています)

 

4、データCD-ROM (家系図や画像化した戸籍、さらに上記の西暦和暦対照表のPDFファイルの成果品データがすべて入っています)

 

5、友禅柄化粧箱 (色は黒になります)

 

以上の5点セットの構成となっています。(ファイルのデザインや色は変わることがあります)

 

豪華プラン 

料金(税抜き)

1系統 39,800円

2系統 70,800円

3系統 101,800円

4系統 132,800円

  seikahin.jpg

 

豪華プランの成果品の一覧

 

1、家系図 (A3サイズの和紙で折り目はありません。基本は横ですが、場合により縦にする場合もあります)

 

2、戸籍謄本原本 (A4サイズのファイルに取り寄せた戸籍謄本の原本が入っています)

 

3、西暦和暦対照表 (A4サイズで、西暦と和暦が一覧になっています)

 

4、家系譜 (A4サイズで、直系親族ひとりひとりごとに、出生から死亡までの、住所や婚姻等の変遷を一覧にしています。)

 

5、年表 (A4サイズで、家系譜の情報を、1系統ごとにまとめて一覧にしています。)

 

6、データCD-ROM (家系図や画像化した戸籍、さらに上記の西暦和暦対照表、家系譜や年表のPDFファイルの成果品データがすべて入っています)

 

7、友禅柄化粧箱 (色は黒になります)

 

以上の7点セットの構成となっています。(ファイルのデザインや色は変わることがあります)

 

標準プランと、豪華プランの違いは、家系譜と年表が付属するかどうかの違いとなります。標準プランは、料金面でお手軽なプランになっています。 

 

 

家系図作成の料金は、つぎのとおりです。

 

料金には、家系図作成の料金はもちろん、戸籍の取り寄せに必要な経費も含まれています。

 

消費税、および、最終成果品送料は、別途となります。

 

現在、無料の資料請求で、さらにお得になるクーポンを提供中!ぜひとも、無料の資料請求をご利用ください。

 

 標準プランの料金はこちら

 

系統(名字)の数

料金(税抜き)

1系統

(1名字)

制作期間 1ヶ月程度

29,800円

2系統

(2名字)

制作期間 2ヶ月程度

53,800円

3系統

(3名字)

制作期間 3ヶ月程度

76,200円

4系統

(4名字)

制作期間 4ヶ月程度

99,400円

 

豪華プランの料金はこちら

 

系統(名字)の数

料金(税抜き)

1系統

(1名字)

制作期間 1ヶ月程度

39,800円

2系統

(2名字)

制作期間 2ヶ月程度

70,800円

3系統

(3名字)

制作期間 3ヶ月程度

101,800円

4系統

(4名字)

制作期間 4ヶ月程度

132,800円

 

お支払いは、前払いでお願いいたします。家系図作成依頼書をお送りいただければ、当事務所より、契約確認書と請求書をお送りいたしますので、銀行振込、もしくは、クレジットカードでのお支払いをお願いいたします。

 

ご依頼に必要な書類はこちらから

 

お申し込みに必要な、書類は次のとおりです。正式申し込みまでにご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。事前にお聞きしたいこともございますので、何度かメールでのやりとりをおこないたいと思いますが、ご納得いただいている場合は次の書類を行政書士寺村事務所までお送りください。

 

1、家系図作成依頼書

ダウンロード(PDF)ここをクリックしてください

 

署名、押印のうえ、1通を、ご送付ください。メール、ファックスでもかまいません。 

 

2、委任状

ダウンロード(PDF)ここをクリックしてください

 

調査する系統の数を送付してください。印鑑はシャチハタ等のスタンプ印鑑は不可です。

委任状は、朱肉の印鑑(認め印)を押したものの現物をご郵送ください。メール、ファックスは不可となります。

 

3、本人確認情報

 

運転免許証、運転免許返納証、個人番号カード、住基カード、保険証のコピー等、いずれも、現住所記載のものをどれか1通送付してください。メール、ファックスでもかまいません。本人確認情報とならないものとして、依頼者の住民票、依頼者のパスポートなどがございますので、お気をつけください。

 

以上の必要な書類をお送り(またはファックス、メール)いただければ、正式にご依頼を受けたものとし、契約確認書をお送りいたしますので、ご了承いただける場合はお支払いをお願いいたします。入金確認次第、即日、作業にとりかかります。

 

なお、依頼書と本人確認情報は、メール、ファックスでもかまいません。 

 

ただし、委任状だけは、朱肉の印鑑を押した物を直接ご郵送くださいますよう、お願い申し上げます。(シャチハタは不可となります)

 

プリンタがない場合や、ダウンロードできない場合は、行政書士寺村事務所のメールか、 お問い合わせフォームでお知らせください。こちらから、返信用封筒を入れて、必要書類をお送りいたします。

 

なお、本人確認情報を送っていただく理由は、他人の身元調査を防止するためですのでご理解、ご協力をお願いいたします。

 

※ 注意事項

 

家系をさかのぼることができるのは、直系の尊属、卑属に限られます。委任状は、さかのぼる系統の数の通数が必要です。(1系統なら1通、2系統なら2通)

 

依頼者の父、母の直系尊属をさかのぼる場合は、依頼者ご本人の委任状1通が必要です。

 

ご夫婦が別々に、ご両親等の直系尊属をさかのぼる場合は、ご夫婦別々の委任状が各1通、合計2通が必要です。

 

家系図を作るのは、今が最後のチャンスかも

 

家系図を作成するためには、役所に残されている古い戸籍謄本を元に作成いたします。なぜ、役所がわざわざ古い戸籍を残しているのか。その理由は、亡くなった人の相続手続きに必要であるからで、決して、家系図作成のために残しているわけではありません。

 

今は、みなさん長生きされていて、100歳を超えるかたもたくさんおられます。しかし残念ながら、どんなに長生きでも、必ずいつかは人は亡くなります。

 

そのときのために古い戸籍謄本が相続の手続きに必要なので、役所は、わざわざ古い戸籍を残しているのですが、もし、それが、必要でなくなってきた場合。そう、高齢の方々がどんどんと亡くなってきたとき。

 

おそらく、役所は古い戸籍の取り扱い方法を検討し、場合により、廃棄したり、閲覧禁止にすることが予想されます。

 

せっかく、今なら古い戸籍が取り寄せ可能なのに、その時期を逃してしまったために、もはや、ご先祖様を知ることができなくなってしまった、なんてことになったら、それはあたなにとって大きな損失です。

 

自分の生きる証、自分のルーツを閉ざされてしまったときに、「あーあのとき、家系図を作っておけばよかった」と嘆いても、時、すでに遅し、ということになってしまうのです。

 

行政書士寺村事務所は、あなたのルーツをたどるお手伝いをいたします。あなたの大切なご先祖様を知るのは、今しかないのかもしれません。どうぞ、家系図を作成して、自分のルーツを確保されることをご提案します。

 

せめて、古い戸籍謄本の確保だけでも

 

上記理由で、古い戸籍が今後どうなるかがわからないことはわかっていただけましたでしょうか。

 

古い戸籍謄本は、いずれ、廃棄されたり、閲覧できなくなると予想されます。

 

家系図作成は、今はいいけど、せめて、古い戸籍を取り寄せるだけでも、しておいて損することはありません。相続の手続きにも使えますし、いずれ、それを元に家系図を作成することも可能です。

 

繰り返しますが、将来、戸籍が廃棄、閲覧不可になったときにあわてても、もう遅いのです。時期は今です。今後のことは誰にもわかりませんが、確実に言えるのは、今なら、古い戸籍謄本を確保することが可能だということです。

 

いったん、自分の手に入れてしまえば、例え、法律が変わろうが、世の中がひっくり返るようなことがあっても、自分の手から離れることはないのです。

 

どうぞ、一度、真剣にお考えください。どうぞ、お便り、お待ちしております。

 

事務所情報

事務所名 家系図の行政書士寺村事務所
郵便番号 522-0002
住所 滋賀県彦根市松原町1868-6
電話番号 0749-21-3317
FAX番号 0749-21-3318
メール kakeizu@office-teramura.com
 
 
 
 

お問い合わせ









2019.07.19 Friday